整体師・整骨院・鍼灸院・カイロプラティックを探すならEPARKからだリフレ

HOMEコンテンツ

セロトニン不足による影響とその原因、改善方法まで紹介!

2/16 14:30 0 1406

みなさんは、『セロトニン』を知っていますか?セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。一体このセロトニンという物質は私たちの体内でどのような働きをしているのでしょうか?また、セロトニンが不足してしまうと私たちの体にどのような影響を及してしまうのでしょうか?

今回は、「髙橋優鍼堂」の髙橋先生の話をもとに、セロトニンが体に与える影響セロトニン不足にならない為の方法について紹介していきます。
普段から小さなことでイライラを感じたり、気持ちが不安定になりやすい方はセロトニン不足が関係しているかもしれません…。

セロトニンとは

セロトニンとは、私たちの体内でとても重要な役割をしている三大神経伝達物質の一つで、「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」とともに、心身のバランスと深く関わっています

ノルアドレナリンは心身の興奮ややる気を、ドーパミンは快感や幸福感を司っている物質で、これらの感情をコントロールして精神のバランスを安定させているのがセロトニンです。

セロトニン不足が体に与える影響

上でも紹介したように、セロトニンは私たちのさまざまな感情をコントロールしてくれる、いわば「ブレーキ」のような存在です。

そのため、セロトニンが不足すると感情の制御ができなくなってしまうので、ストレスを強く感じるようになったり、うつ病不眠症などを引き起こす原因となってしまいます。

セロトニンが不足する原因

セロトニン不足になる原因として、栄養不足運動不足などが考えられます。

セロトニンを作るための原料となる栄養素(トリプトファン・ビタミンB6)が不足していたり、運動不足によって体の機能が低下しているため、うまくセロトニンを作ることができないのです。

セロトニン不足を改善する方法

1,太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることによって脳が活性化し、セロトニンが作られやすくなります。午前中からお昼にかけての時間帯にセロトニンが作られやすいので、朝起きたらまず太陽の光を浴びるように心がけましょう。

2,トリプトファン・ビタミンB6の多い食べ物を摂る

【トリプトファンの多い食べ物】

バナナ・チーズ・ヨーグルト・赤身魚・アーモンドなど

【ビタミンB6の多い食べ物】

ピスタチオ・魚類・レバーなど

【おすすめレシピ】

3つの材料で簡単☆煮込むだけの健康レシピ

3,リズム運動をする

リズム運動とは、一定のリズムで体の筋肉を伸縮させる運動のことです。ジョギングやサイクリング、水泳がおすすめです。リズム運動を行うことで、セロトニンの分泌を促す「セロトニン神経」が活性化するので、セロトニンが作られやすくなります。

セロトニンを増やすことのメリット

セロトニンを増やすことによって心のバランスを上手く保つことができるようになる為、ストレスに強くなったり、よく眠れるようになったりと良いことだらけです。

今回紹介した方法を参考に、できるところから少しずつ心がけてみて下さい。

まとめ

 

おすすめ

ランキング

からだリフレおすすめ健康記事

整体・整骨院を探す

ネットや電話で予約できる整体・整骨院を87,208施設から検索できます。


よく検索されているエリア

東京都 大阪府 神奈川県 愛知県 兵庫県 埼玉県 京都府 北海道

よく検索されているキーワード

池袋 新宿 東陽町 東京 大阪 なごみん 新宿駅 渋谷